金峰魯肉飯を正直にレポート!

スポンサーリンク
俺の台湾
スポンサーリンク

晴天の中にそびえる中世記念堂が美しい

「金峰魯肉飯」って知ってますか??

このお店、魯肉飯と言ったらここでしょ!と言われるくらいの超有名店なのです。なのでこの記事を読んで是非知ってほしいお店です。

って言っても、僕も先日初めて行ってきました!

なので、贔屓なしで正直にレポートします!

(先にお断りをさせていただきます。肝心の写真を忘れてしまいましたので、今回は頭の中で想像しながら読んでください…汗)

金峰魯肉飯の行き方

今回は台北車站からMRTに乗った場合で説明していきます。

最寄りは中正記念堂駅です。

台北車站から、赤の線(淡水・信義)に乗り、二つ目の駅で降りましょう。所要時間は大体5分掛かるか掛からないかです。

中正記念堂駅からの歩き方。

一番出口を出て、駅に背を向けながら、南門市場の方へ向かって歩きましょう。ちなみに南門市場は反対車線に出てきますのでタイミングを見て横断歩道を渡ります。そして、南門市場を過ぎたらすぐに『金峰魯肉飯』があります。昭和映画ポスターのような看板が目印です。

入店!

お店に着いたら、人数を言います。調理や提供で店員さんもバタバタしてますが、筋に従って座りましょう。オーダーの方法は紙伝票なので、食べたいものに注文数を書いて店員さんに渡します。

今回僕はこの三つをオーダーしました。

  • 魯肉飯
  • 筍乾
  • 苦瓜排骨湯
f:id:megane1204:20190228105752j:plain

よく写真で見てたビジュアルです。

お肉がトロトロに煮込まれてて最高に美味しそう!

魯肉飯

開口一番言ってしまった一言が『カレーライス食ってるみたい』でした。(語彙力)

詳しく説明します…

醤油ベースで甘く煮込まれたお肉の中に、香辛料がツンと効いてます。八角はもちろん、どこかで感じるカレーのようなスパイスの香り。お肉はもちろんトロトロでご飯が進みます。お米は日本のようなふっくらな炊き具合ではないですが、サラッと口に掻き込める一杯です。
僕が思うに、日本人が好きになる理由が分かる味付けです。他のお店でも魯肉飯を食べますが、他と比べてもマイルドで、親しみを感じる味です。

筍乾(メンマ)

僕の鉄則ルールで魯肉飯と一緒に食べると決めてるのでオーダーしました。甘めに煮ていますが、歯応えもあって美味しかったです!

苦瓜排骨湯

スープは味が薄かったですが、段々と魯肉飯の味の濃さと絡んでくるので、丁度良くなります。最初は薄いですが、これくらいが良いのかもしれません。また具材となる苦瓜はホロホロに煮込まれており、甘みも感じて体がホッと温まります。

まとめ

少しハードル高めに設定したお店でした、正直に言うと凄い美味い!というほどではないです。日本で言うと「すき家」の牛丼感覚で行ってほしいお店です!肩肘張らずに適当に行く感覚が重要なのかも。また魯肉飯は、日本の立ち食いソバのように、店によって味が変わるのは当然の一品で、すごく奥が深いし、好みも分かれます。時間を掛けながら台湾魯肉飯トリップして、魯肉飯の奥深さを勉強したいと思わせてくれたお店でした。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. There’s definately a lot to know about this topic.
    I love all of the points you’ve made. http://www.vintagehouserestaurant.com/

タイトルとURLをコピーしました