ディズニーワールドでこれ乗れば間違いないリスト! Part,1

スポンサーリンク
主なアトラクションをご紹介 ディズニーパークス
スポンサーリンク

前回の記事でオーランド二大テーマパークについてざっくりと紹介してきましたが、今回は更に二つのパークに分けて紹介していこうと思います。ちなみに今回はディズニーワールドの二つのテーマパークから、アニマルキングダムとハリウッドスタジオをチョイス!「これを乗れば、他は大丈夫」というアトラクションを紹介します。

選んだアトラクションの基準としては、メインとなる目玉アトラクションと僕個人がオススメするアトラクションです。これ乗っとけば間違いない!というものを選んだので、どの方々も参考にできる記事になっています。

スポンサーリンク

アニマルキングダム

アニマルキングダムは名前の通り、動物と共存しているパークですが、最新技術を取り入れた大型アトラクションなども存在します。ディズニー作品である『ジャングルブック」や「ライオンキング」などの世界観が反映されており、「ライオンキング」のミュージカルも常設シアターで開催しています。

f:id:megane1204:20190417224044j:plain

ディズニー×動物はここだけ!

アニマルキングダムは、7つのテーマランドから構成されています。このパークは、自然保護などの観点から身近に動物を感じることが出来るパークです。もちろん上にも書いている通り、ディズニーの世界観が反映されています。そのため、今までにないディズニー体験が出来るのではないでしょうか?

ちなみに今年は「ライオンキング」が実写化されることから、ライオンキングのコラボメニューも夏に販売されていきます。

パンドラ:ザ・ワールド・オブ・アバター

アバター・フライト・オブ・パッセージ

ジェームズ・キャメロンのアバターのアトラクションです。ディズニーがFOXを買収したのもここに理由があるのだろうかと少々考えてしまうほど大迫力のスケールのアトラクションです。もちろん、アバターを扱うエリアの建物の作りが本当に俊逸でイマジニア(クリエイター)達の仕事振りに感服してしまいます。それくらいの作りなのでお客さんはこれ目当ての人達が多いです。従って「4時間待ち」というケースも多いです。

f:id:megane1204:20190420150316j:plain

映画の世界観を見事に再現しています

アバター・フライト・オブ・パッセージは、最新技術の連続で、興奮しっぱなしでした!パンドラに乗りアバターの劇中に出てくる自然の中を飛行する乗り物ですが、「すごい、キレイ、感動」の3拍子でした。「ディズニーの本気」を感じたというか、4時間待ちになるのが納得です。そして、余韻と興奮に体験した後は取り憑かれます。とにかく自分の足で体験してくるのが一番です。

アジア

エクスペディション・エベレスト

ヒマラヤ・エベレストを疾走するジェットコースターです。アバターに次ぐ人気のアトラクションで、ファストパスの必須です。このアトラクションのポイントは後ろ向きで走っていくこと。本当に楽しくて何度も乗りたくなる絶叫マシンです。参考にどんなアトラクションなのか、ネタバレも含めて楽しんでみてくれるといいかもしれない!

Expedition Everest front seat on-ride 4K POV @60fps Disney's Animal Kingdom

アフリカ

キリマンジャロ・サファリ

アニマルキングダムパークの中にあるサファリをバスで走り、本物の動物の暮らしぶりを見に行くアトラクションです。ライオンに象、カバなど本物の動物が生息しているのです。アメリカのフロリダで!!もうビックリですよね!!しかもすごいのがナイトサファリも体験できます。僕も夕方から夜にかけて体験しましたが、なかなか体験できないので本当に素晴らしいものが見れました。印象に残っているのはライオンです。丘の上に立つライオンが格好良かったです。マジなライオンキングでした。

ディズニーハリウッドスタジオ

ディズニーハリウッドスタジオは6つのテーマランドで構成されています。他のパークと比べるとまだまだ乗り物系のアトラクションが少ないですが、2018年にはトイストーリーランド、今年はスターウォーズ・ギャラクシー・エッジがオープンするなど、拡大を続ける注目のパークです。

下の動画は、先駆けてオープンするカルフォルニア・ディズニ―ランドのPR動画ですが、高い再現性が分かるとともに、期待値が上がっていきますね。

サンセット・ブルーバード

ロックンローラーコースター

エアロスミスがテーマのジェットコースターです。スティーブン・タイラーのカウントともに、半端ないスピードで始まります。走行中はエアロスミスの楽曲が流れ、始めから終わりまでスピードが下がることがないスリル満点のアトラクションです。

[4K] Rock n Roller Coaster Front Row POV – High Speed Indoor Coaster – Disney's Hollywood Studios

トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラ―

本家アメリカバージョンは、東京ディズニーシーより怖いです。そして、アトラクションのストーリーが東京と違います。どんなストーリーかは、現地で楽しんでいただきたいので紹介はしませんが、体験した身として言わせてもらうと、フロリダの方がスリルがあるのと乗っている時間も長く、個人的にフロリダの方が好きです。「日本にあるから乗らなくていいや」是非体験してもらいたいです!

ファンタズミック !

ディズニーシーにもありますが、本家アメリカでも楽しみましょう!実はフロリダのファンタズミック!には専用シアターがあります。そのため、会場内はすごい熱狂です。ミッキーにこんなに熱狂する奴らってどうせオタクだろ…なんて失笑してはいけません。本当に興奮します!どうせ、日本で見れるんだろ?なんて思ってスルーしたら大損です!必須のショーです。

NEW!!  トイストーリーランド

パリ、上海、香港を含めた4パークにあるテーマランドが去年ハリウッド・スタジオ内にオープンしました。

メインのアトラクションは3つあります。

  1. スリンキー・ドッグ・ダッシュ
  2. トイストーリー・マニア
  3. エイリアン・スワーリン・ソーサーズ

僕は、トイストーリーランドがオープンする直前に行ったため、前からオープンしているトイストーリー・マニアしか乗れていませんので、フロリダのトイストーリー・マニアがどのようなものなのかを紹介してみようと思います。

トイストーリー・マニア

日本で信じられないくらい待たされるほど人気のアトラクションですが、フロリダは意外とスムーズに列が進みました。また、日本ほど建物の外観に力を入れているような感じではなく、意外とこじんまりしている印象でした。なので、なかなか日本で乗れてない!って人にはお勧めです。

でも人気であることは間違いなしですし、今年公開される『トイストーリー4」により、多少のリニューアルも考えられます。

さいごに

少々、トイストーリーランドの情報が少ないですがご容赦頂けると嬉しいです…香港か上海には近いうちに行くので、そのときにレポートなんて出来たら良いなとも思っています。

次の記事はエプコットとマジック・キングダムを紹介していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました