跳ねメガ徒然日記

スポンサーリンク
跳ねメガ徒然日記

旅の終わりは何かの始まり

凄く仲の良い、私生活からブログまでいろいろ支えてくれた友人が、仕事の関係で海外へ旅立つ。 そんなこともあり、その友人含む3人でディズニーシーに行ってきた。仕事の関係上自分は早くに帰らなければならかった。「また来れるし、次は恋人作って来れれ...
跳ねメガ徒然日記

僕が捨てたかもしれない財布の話

人間疲れていると記憶が定かではなくなってしまう。ましてや時差ボケが起きている状態で。僕らは夜の9時にアメリカのダラスにいた。一緒にいた友人は初めての台北で散々な目に合わせてしまった彼だ。人はちょっと危ない感じな、スリルのある人を好きになる...
跳ねメガ徒然日記

全ての始まりはミャンマー

僕にとって旅のルーツはミャンマーだと思う。ミャンマーには1度きりの訪問だが、僕の人生を形作ったと言っても過言ではない。 ミャンマーに行かなければ、僕はきっと旅に出掛けるような人間にはなっていないと思う。そして、今の友人関係もない。 そし...
跳ねメガ徒然日記

台北で恋した革細工屋の人の話

旅に行けば、その土地の異性に恋をすることがある。そんな恋は帰国したら忘れてしまうほど単純で大したことがないものだが、その時は必死になってしまうものだ。そんなエピソードが台北にはある。 普段は苦手なのに 僕は、服屋の店員に声を掛けられるのが苦...
跳ねメガ徒然日記

カンボジアで書道を売った話

カンボジアでの極貧旅行を経験した僕が行った書道の話
跳ねメガ徒然日記

台湾は僕にとって第二の故郷

このブログを読んでいるみなさんにお聞きします。 「第二の故郷はどこですか?」 そんなに難しく考えないでください。どこでもいいんです。大阪でも、おばあちゃんの家でも、近所の公園でも。行けば心がほっとする場所、定期的に行きたくなる場所ってありま...
跳ねメガ徒然日記

シドニーのクラブで罰金550ドル

この話は、「シドニーでの年越しで大火傷」に続く話である。 カウントダウンを待つ間に40℃の炎天下により、カラダ中に大火傷を負った僕が、翌日の夜のクラブで起こしてしまった出禁騒ぎのエピソード。 前日の屈辱を取り戻すべく飲んだテキーラ...
跳ねメガ徒然日記

シドニーでの年越しで大火傷をした話

シドニーのサーキュラー・キーでの年越し ハワイで家族と共に年を越したことはあるが、友達との海外での年越しはシドニーが初だった。海パン一丁で過ごせる夏のカウントダウンは海が好きな僕にとって最高だった。 場所は、シドニーのオペラハウスの足元、...
跳ねメガ徒然日記

空港にいる時の自分が思うこと

みなさんにとって空港はどんな場所でしょうか? きっと、多くの方が『旅の始発点』と答える方が多いはず。 そんな空港は国の玄関であり、一人一人のターニングポイントになる場所でもあります。そのため多くの出会いと別れがあ...
スポンサーリンク