台湾マニアがおすすめする最強観光ブック5選を徹底紹介します!

スポンサーリンク
俺の台湾
スポンサーリンク

今回の記事は、台湾マニアである僕が厳選した台湾旅行に持っていきたい観光ブックを紹介します。

今まで僕は台湾の情報を現地日本人が発信するブログを頼りにしていましたが、今回は情報収集も兼ねていくつか読み漁ってみました。

昨今の台湾旅行ブームで沢山の観光ブックが出版されていますが、今回はベタ過ぎずマニアックすぎない「ちょうど良い」をキーワードに僕が好きになった本5冊を紹介していきます。

スポンサーリンク

台北散策が無敵になる1冊

食べて 笑って 歩いて 好きになる 大人のごほうび台湾

著:山脇りこ

「どうせ王道レストランを書き連ねたベタな一冊なんじゃないの?」と疑いながら読んでみたらビックリ、疑ったことを悔やんだくらい内容が充実しています。

まだ自分は台湾のことなんか知らない。この本は侮れない」と思わせてくれた重厚な一冊です。メジャーからマイナー、高級料理からローカルレストランまでさまざまな情報を網羅しているので是非手にとってもらいたいです。

台湾の旅テク 303

朝日新聞出版

本当に303個のテクニックが詳しく書かれています!旅行前の予約の段階から、空港での必要な知識、現地での便利な情報、美味しいグルメまで事細かく詳しく書いています。もちろん写真も載っているのでメチャクチャ便利な一冊です。

この本の凄いところは、分からなくて歯痒かったこともこの一冊で解決できるという点です。実際これ一冊あれば台北旅行で困る事はないと思うほど情報量が多い一冊。

ちなみに、高雄と台南も触れていますが他のエリアは書かれている情報が少ないので台北に特化していると考えた方が吉。

スポンサーリンク

台湾の食事に特化した一冊

もっと激ウマ!食べ台湾 地元の人が通い詰める最愛グルメ 100軒

著:Aiwan

「食べ台湾」というブログが本になりました。

僕が旅行に行く時の台北のお店選びの時に本当に助けてくれたブロガーさんの本で、実際にそのお店に行くと本当に美味しいものばかりなので間違いありません。

ブログサイトではお店ベースで紹介しているのですが、この本はジャンルベースで「どんなものを食べたいか」というキーワードからさまざまなお店を知ることができるます。

台湾の食事が全然わからない人におすすめ。この一冊さえあればお店で困ることも食事選びに失敗することはありません。

スポンサーリンク

台湾かき氷×ローカルな旅をしたいなら

台湾レトロ氷菓店

著:ハリー・チェン 訳:中村加代子

一見すると簡単なかき氷という一皿で、五十年以上もの間、地元の人たちと共に歩んできたのは、その実、決して簡単なことではない。

本書18ページ

観光客が行くようなかき氷屋さんではなく、あくまで地元に密着した老舗のかき氷屋さんにフォーカスされた一冊です。

観光ブックとしての役割だけでなく、コラム集のような役割を果たしていて読み物としても面白い1冊です。

また、台湾に住む人々の内面にも迫ることができるのでこの本から台湾人の人情に触れることができます。台湾のことをもっと知りたい、ローカルな雰囲気で美味しいかき氷を食べたい!と思う人におすすめの一冊です。

スポンサーリンク

台北以外の場所を知りたいなら

台北以外の台湾ガイド

著:松田義人

台西・台南・高雄を含むさまざまな土地が紹介されている一冊。

台北以外の場所はなかなかハードルが高いなあ〜と思う方も、台北以外に行きたい!!って思う方も一回は読んでほしいと思った一冊です。

この本を読んだ事でまだ行ったことのない「石梯坪」や「九棚港仔大砂漠」などの行きたい景色が増え、さらに台湾欲を深めてくれた1冊です。

いかがでしたでしょうか?なかなか旅に行きづらい世の中ですが、早く普通に台湾に行ける日が来ないかなと思いを馳せています。もし、台湾旅行に行ける日が来たらこのブログ内でたくさん記事を出したいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました