スマトラ沖地震で起きた実話【インポッシブル】感想・レビュー

スポンサーリンク
映画鑑賞日記
スポンサーリンク

この記事では映画【インポッシブル】の感想とレビューをしていきます。

皆さんはスマトラ沖地震を覚えていますか?2004年に発生した東南アジア各地で被害が発生した最大規模の地震でした。この記事で紹介する【インポッシブル】はタイのプーケットの被害の一面を切り取った実話の物語です。

スポンサーリンク

あらすじ

 2004年のスマトラ島沖地震で離れ離れになりながらも再会を信じて生き抜いた家族の実話を、ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー主演で映画化したドラマ。監督は「永遠のこどもたち」のJ・A・バヨナ。04年末、マリアとヘンリーの夫婦は3人の息子を連れてタイのリゾート地にバカンスにやってくる。家族でひと時の楽しい時間を過ごしていたが、クリスマス翌日の12月26日、大災害が発生。周囲は一転して目を覆うような悲惨な状況へと変わり、マリアやヘンリーらも離れ離れになってしまう。しかし絶望的な状況の中でも一家はそれぞれの無事を信じ、再会するために歩み始める。マリア役のワッツは、第85回アカデミー賞で主演女優賞にノミネートされた。(※予告編や本編には津波の再現映像が含まれます)

映画.com
キャスト
  • ナオミワッツ (マリア)
  • ユアン・マクレガー (ヘンリー)
  • トム・ホランド (ルーカス)

スポンサーリンク

俳優達の演技が最高

今作のキーは、津波が及ぼす恐ろしさととともにキャストの素晴らしい演技です。

マリアを演じるナオミ・ワッツと息子ルーカスを演じるトム・ホランド、ヘンリーを演じるユアン・マクレガーの3人の演技が本当に素晴らしい。津波に流されながらも互いに手を取り合うシーンや、ヘンリーがアメリカにいる自分の父に家族全員と再会することを涙ながらに約束するシーンなど、心に残るシーンがこの映画には沢山ありました。特にマリアに人助けをするように言われ、その言葉をもとに病棟内で人助けをするルーカスのシーンは涙なしでは見れませんでした。

スポンサーリンク

家族愛と絆が引き寄せた再会

マリアが病床で瀕死の状態に陥る中、ルーカスはマリアのために飲み物を探しにいきます。同時にヘンリーは行方知らずだったマリアとルーカスを探しに藁にもすがる思いで二人がいる病院の病棟内を探していました。それと同時にヘンリーの存在に気づいたルーカスは、ヘンリーと一時離れていたトマス、サイモンと偶然再会をします。その結果、家族全員が再会を果たすことが出来ました。


上の文章では簡単に再会を言葉で表していますが、このシーンは涙無しでは見れません。ルーカスは兄弟達は死んだと言い聞かせ、残った瀕死状態の母親を必死に守り抜いた結果の再会シーンは本当に目頭が熱くなります。

見えない磁力が働き、不思議なタイミングで全ての事象が重なる出来事は本当にスピリチュアルですし、その裏には愛があると思うと家族愛は計り知れないと感じました。

スポンサーリンク

改めて感じた津波の恐ろしさ

津波のシーンが本当にリアルです。私もこの作品を見た時ショックを受けてしまいました。

スマトラ沖地震や東日本大震災の映像を見てもどこか非現実な気がしてなりませんでしたが、一人称の視点から津波に流されていく映像を見ると感じるものは違い、恐ろしさ以上のものを感じさせられました。実際に津波で流れるのは海水だけじゃなく、ガラス片や、木の枝、車など人体を簡単に切り裂ける物も一緒に流れていきます。それらを再現することで本当の津波の恐ろしさを体感しました。

また、ルーカスと共に津波の流れながらも耐えるシーンは本当に壮絶です。この作品が伝えたい津波の恐怖を感じます。

スポンサーリンク

明暗を分けたそれぞれの結末

マリア達家族は上記で触れたように、奇跡的に全員が同じ場所で再会を果たしました。そして治療のためシンガポールに移送されることになります。

しかし、悲しいことに家族や友人を探す人達は現地人、観光客含め大勢います。その光景はマリア達の家族の目の前にあり、飛行機の窓から見える景色でも一目瞭然でした。その時マリア達一家は、家族が全員揃い、被害全てを収束出来ていない被災地を去ることに何を感じていたのでしょうか。

ハッピーエンドの影には悲しい結末を迎えざるを得ない人達もいるということを示した作品だったと僕は思います。

映画『インポッシブル』特報

こちらの作品は、NETFLIXでも配信中です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました