コロナに負けずに映画館で映画を見るべき理由

スポンサーリンク
跳ねメガ映画ログ
スポンサーリンク

最近、皆さんはコロナウイルスの影響でイベント等が中止・閉鎖になる中どうお過ごしでしょうか?テレワークが取り入れられたことで自宅でお仕事をされている方もいらっしゃると思います。またはお子さんが自宅待機の場合は、家でゆっくり映画を見たり、ゲームをやったりと室内で出来ることを積極的にやられていると思います。

映画好きの方はもしかしたら映画館に行くことに躊躇している方がいるかもしれません。そこで、この記事ではこの時だからこそ映画館で映画を見るメリットを紹介してみようかと思います。

注意

あくまで個人的観点のため、自己責任の下で行ってください。

スポンサーリンク

映画館に足を運ぶことで日本経済の手助けになる

コロナウイルスの影響により、感染拡大を防ぐために遊園地の閉鎖や、旅行のキャンセル、コンサートの延期により娯楽産業や観光産業に大打撃が起きています。また、映画界では有名作品の公開延期などが起き、2020年の映画公開スケジュールに大幅な乱れが生じるのではないかと考えられています。


もちろん体を管理できるのは自分だけなので、無理に映画館に行くことはおすすめしません。しかし、今後の日本の経済、映画産業のためにも体が元気なら映画を見に行くことを僕はおすすめします。なんども言いますが自分の体調と絶対に相談した上で行ってくださいね。そこで、今回の記事では今の状況だからこそ映画館で得られるメリットを紹介しようと思います。

スポンサーリンク

横の人を気にせずゆっくり見られる

現状、一部の映画館では席の間隔を開けてチケットを販売しているので、両サイドに人がいない状態で心おきなく映画を鑑賞することが出来ます。
当然両サイド分の席を使っていい訳ではありません。横の人が気になって映画に集中できないことなどって過去にありませんでしたか?携帯いじったり、同伴の方と劇中に話し込んでいたりとあまり良い気分にならないし、注意をしたところでそれもまた他人に迷惑になりかねませんよね。だから映画館に行くのが億劫だと思っていた方にはチャンスです。

スポンサーリンク

見たい人たちだけが集まるから静かに見られる

コロナウイルスの時期ではなくても当然ながら、アニメ作品や人気シリーズの作品でなければ、作品を見る人達の数が限られてきます。しかし、このご時世だからこそ「見たいけどコロナが怖いから我慢する」といった人たちも出てきます。それにより、本当に見たい人達だけで作品を見ることが出来ます。


2020年3月の時期だと、マーベルやスターウォーズのようなビッグフランチャイズの作品ではないものの、単作で重厚なドラマの面白い作品がいくつも公開されています。

3月前半時点で公開中の作品
  • 1917
  • スキャンダル
  • 黒い司法 0からの奇跡
  • 野性の呼び声
  • Fukushima 50


また、3月以降は人気シリーズの最新作やディズニー作品が相次いで封切られる予定です。DCコミックとマーベル作品の最新作など目が離せない作品になっています。中には大幅に延期になってしまった作品もあり、他の作品もどうなるのかが心配ですが、公開が待ち遠しい作品たちが沢山控えています。

延期が発表された作品達
  • ドクタードリトル→日本での公開延期
  • 2分の1の魔法→日本での公開延期
  • 007 No time No die→延期
  • ワイルドスピード→1年の大幅延期
今後の公開作品
  • バーズ・オブ・プレイ
  • ブラック・ウィドウ
  • ワンダーウーマン

旧作のリバイバル上映も実施中

映画好きの方ならご存知かもしれませんが、「午前10時の映画祭」というイベントを全国で行っております。悲しいことに今月で終了をしてしまう訳ですが、このご時世だからこそ映画館に足を運ぶのはいかがでしょうか。劇場も時間も限られた上映になりますが、名作を大スクリーンで見るのは良い思い出になると思います!

午前十時の映画祭10 デジタルで甦る永遠の名作
午前十時の映画祭10 デジタルで甦る永遠の名作
スポンサーリンク

このまま、映画館に行かなければ…

現状、アメリカ発の作品達が相次ぎ日本国内ではなく、アメリカで公開延期になっています。それにより、日本でも公開を控えていた作品達も同じく延期になっています。おれにより、映画館で映画を見に行く機会も少なくなります。その結果どうなるのか、現時点で考えられる点をいくつか考察します。

「ドラえもん」も公開延期に、映画館覆う暗い影 | コロナショックの大波紋
2019年、映画業界は今までにない活況を呈していた。興行収入は2000年以降ではもっとも多い2611億円を記録。「天気の子」や「アナと雪の女王2」など、興行収入が100億円を超える大ヒット作品が4作も生まれ、充実の1…

映画チケットの値上がり?

コロナウイルスが終息した後に考えられる問題は衰退した経済を取り戻すために各業界は対策に出るはずです。その中で映画界が真っ先にできることは何かと考えられるのが映画チケットの値上げです。現在でも新作を見るのに3000円程の額を支払わなければなりません。それが更に値上がりする可能性も出てきます。そうなることで更に劇場から足を遠のく人たちが増えてくる訳です。

地方映画館の閉店が続く?

Wi-Fiが走り、ストリーミングサービスを気軽に自宅で受容できる環境下で「家でゆっくり見れるし」と映画館を敬遠する人達が多い事はコロナウイルス関係なく起きていました。その結果昔からある劇場は衰退し、映画の鑑賞の仕方が変わっています。その状況下で感染症問題が重なったら地方の映画館の数が益々減っていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

最後に

これらを防ぐためにも元気な人達が良いタイミングで映画館に足を運ぶ事が重要だと思います。映画は見なくてもポップコーンは買ってあげるとか…出来ることを少しずつやる事で僕達の趣味も継続できる訳です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました