【早見表】マーベルスタジオ作品2021年以降の作品の公開時期が全延期!

スポンサーリンク
マーベル
スポンサーリンク

ブラック・ウィドウは11月公開です。

コロナウイルスが世界中で蔓延している中で映画産業も打撃を受けました。それはマーベルスタジオも同様です。ブラックウィドウの公開延期は以前から発表され、Disney+の配信も噂されていました。しかし、ブラック・ウィドウは劇場公開の意向を示した後に、その後に続く2021年までの作品達も全てスケジュールが見直されました。

そこでこの記事ではマーベルの新作のスケジュール変更と嬉しい最新情報を皆さんにお知らせします!

スポンサーリンク

マーベル作品2020年からの作品を全て延期

まずは、元々予定されていた公開スケジュールを紹介します。(色付きの作品はDisney+配信作品)

旧2020年・2021年の公開予定作品
  • ブラックウィドウ 2020年5月1日公開
  • ファルコン&ザ・ウィンターソルジャー 2020年8月配信
  • エターナルズ 2020年11月6日公開
  • ワンダヴィジョン 2020年12月配信
  • シャンチー&ザ・レジェンド・オブ・テンリングス 2021年2月12日公開
  • ドクターストレンジ・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス 2021年5月公開
  • ロキ 2021年春
  • スパイダーマン3 2021年7月
  • ホークアイ 2021年秋
  • ソー・ラブ&サンダー 2021年11月

現在、世界に猛威を振るうコロナウイルスの影響で本国アメリカの劇場が長期閉鎖になったこと、撮影ができる状態ではないということからマーベルだけでなく、大手の映画作品の春・初夏に公開される作品の公開スケジュールが全て延期になってしまいました。その中で改めて発表されていたマーベル作品の新スケジュールはこちら!

新2020年・2021、2022年スケジュール
  • ブラックウィドウ 2020年11月6日公開
  • ファルコン&ザ・ウィンターソルジャー 2020年8月配信
  • エターナルズ 2020年2月12日公開
  • ワンダヴィジョン 2020年12月配信
  • シャンチー&ザ・レジェンド・オブ・テンリングス 2021年5月7日公開
  • ドクターストレンジ・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス 2021年11月公開
  • ロキ 2021年春
  • スパイダーマン3 2021年7月
  • ホークアイ 2021年秋
  • ソー・ラブ&サンダー 2022年2月

新しくスケジュールが変更されたことにより、フェーズ4の幕引き作品はDisney+の「ファルコン&ザ・ウィンターソルジャー」になりました。うーん…日本でリアルタイムで見れるなら文句はないけどなんとも言えないのが今の現状です。

仕方ない事ですが、本当に残念です…2020年の楽しみの一つだった映画達がみごとに公開延期になってしまったのですから。ただ、キャストやスタッフの方々の健康第一ですし、私達も感染してる場合ではないのでここは大人しく家で旧作の映画達を見るのも良いかもしれません。

しかし悲しい情報だけではありません!

スポンサーリンク

日本にてDisney+のサービス展開開始。

しかし、12月になれば嬉しいことにDisney+のサービス展開も予定されているので辛抱すれば「ブラック・ウィドウ」「ファルコン&ザ・ウィンターソルジャー」「ワンダヴィジョン」「エターナルズ」まで怒濤のマーベル作品が楽しめます。ただ、Disney+作品もコロナの影響で撮影に影響が出ているのが現状です。終息しない時期が続いてしまえば配信延期も考えられます。

仕方ない事ですが、本当に残念です…2020年の楽しみの一つだった映画達がみごとに公開延期になってしまったのですから。ただ、キャストやスタッフの方々の健康第一ですし、私達も感染してる場合ではないのでここは大人しく家で旧作の映画達を見るのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

マーベル作品新情報

ブラック・ウィドウの音楽パートにミッション・インポッシブルの音楽家参加

公開延期のタイミングで更に作品をブラッシュアップしたい姿勢を伺えます。超人気スパイ映画シリーズの音楽家が参加することで更にブラック・ウィドウをスパイ映画に仕上げるんですね。最高です。サウンドトラックも印象的なマーベル作品ですが、益々と期待度が増しますね。

キャプテン・マーベル続編の公開が決定

ブラック・ウィドウからソーまでのスケジュール変更の発表に合わせて、キャプテン・マーベル2の公開が決定しました。これは最高の朗報ですね。公開は2022年の7月です。ちなみに同年5月にブラックパンサー2も公開される予定です。

ワンダヴィジョンで登場するニック・フューリー、スクラル人を中心に結成され、キャロルの友人の娘モニカランボーが所属する組織のS.W.O.R.Dもキャプテン・メーベルで重要な要素になるのではと考えられます。そして、噂レベルですがニック・フューリーにも新たな展開が用意されるのではと言われています。

アントマン3の脚本家が決定

こちらも嬉しい情報です。アントマンの続編企画も少しずつですが動いています。

脚本はコメディやコミックのストーリーテラーを得意とするジェフ・ラブネスが登板です。Netflixで配信中の「リックアンドモーディー」の脚本家です。コメディタッチの強いことが特徴のアントマンシリーズが更に面白くなりそうですね!ジェフの書いた台詞で演じるマイケル・ペーニャを見てみたいです笑

ボージャック・ホースマン <シーズン3> 予告編 – Netflix

そして、アントマン3の展開に関する噂をいくつか紹介します。

ファンタスティック・フォーの登場?

Foxとの連携により、X-MEN、ファンタスティック・フォーがマーベルスタジオ作品に参加可能になりました。がファンタスティック・フォーの初お披露目作品はアントマン3になるのではないかと言われています。彼らも量子世界の中で閉じ込められているのではないかと言われています。量子世界といえばジャネットやスコットが長い間閉じ込められていた場所であり、アベンジャーズ・エンドゲームでもタイムトラベルに使われるなど重要な要素でした。

モードックの登場?

科学組織A.I.Mのロボット兵器であるモードックが登場するのではないかと言われています。原作ではキャプテンアメリカの宿敵でした。アントマン3ではどう登場するのかは分かりませんが、アントマン役のポール・ラッドがモードックの登場を計画していることが各所で報じられています。

スポンサーリンク

アイアンマンからアベンジャーズ・エンドゲームまでをおさらいしよう!

スケジュール延期をポジティブに取れば、ブラックウィドウが公開されるまでにアイアンマンからアベンジャーズ4の歴代作品を見返す時間も出来ました。約20作品あるのでゆっくりおうちで見返すのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました