【書評】“路” 現代の日本と台湾の人々の絆を描いた作品

スポンサーリンク
俺の台湾
スポンサーリンク

吉沢修一さんの小説にハマっている跳ねメガです。

その中で僕の中でグッと来た小説を一冊が、「路」でした。台湾好きなで仕事や人間関係を頑張っている人たちにぜひ読んでもらいたい一冊。

涙なしでは読めない一冊で、台北と高雄を知っているから感動し、仕事や人間関係に葛藤を抱えているからこそ感情移入ができました。そこでこの記事では、台北−高雄間を走る台湾新幹線開通に携わる人々や、台湾−日本間の歴史に翻弄される人々の物語を描いた、吉田修一著の小説「路(ルウ)」の書評を紹介します。

スポンサーリンク

内容紹介

台湾に日本の新幹線が走る。商社の台湾支局に勤める春香と日本で働く建築家・人豪の巡り逢い、台湾で生まれ戦後引き上げた老人の後悔、「今」を謳歌する台湾人青年の日常……。新幹線事業を背景に、日台の人々国を越え時間を越えて繋がる想いを色鮮やかに描く。台湾でも大きな話題を呼び人気を博した筆者渾身の感動傑作

本書から引用
スポンサーリンク

リアルな人間関係を描いた物語

この物語には、登場する人物たちの人間関係がそれぞれ丁寧に描かれています。うまくいかない恋人との関係や、家族との関係。遠い昔の旧友への想いなど。それぞれが、自分たちにとって満足のいく結果を出していくためのプロセスが描かれています。

それらの関係が台湾新幹線が完成していく=時間の経過とともに、登場人物たちが持つ環境も変化していきます。

読めば読むほど、登場人物たちに共感を抱き、涙が止まらなくなりました。新幹線建設という一つのキッカケが、彼らの過去と未来を結び、クライマックスへ導いてくれるのが本当に最高です。
スポンサーリンク

台湾にいることを感じさせる

この作品では台湾の湿っぽい気候や、屋台の活気、街並みの描写達が文章で見事に表現されています。それが本当にリアルで馴染みのある場所や街の単語が出てくる事で物語に深みが増す上にまるで自分が登場人物の一部になったような気がしました。

どの物語にも共通している点ですが、自分の記憶にある地名や出来事が書かれているとワクワクしてページをめくり続けてしまう感覚がたまりません。それをこの「路」から感じる事ができました。

スポンサーリンク

想いが行動の原動力になる

僕はこの作品から、「想いは人を動かす事ができる」ことを改めて学びました。一つの仕事に対して熱意を注ぎ取り組むこと。好きな人や大切な人を想い、行動する事で運命が結果を導いてくれると思わせてくれた一冊です。

ストーリーの肝となる新幹線の開通や、人との出会いや再会が成立する共通点は「想い」と「行動」があるからで、費やした時間や、多くの困難を乗り越えた時に結果が現れることをこの本から再認識しました。

選択とその先の行動は人生において大切なものであり、一生懸命に熱を注ぎ行動する事が大切です。

仕事を成し遂げるために

主人公の春香は、「日本の新幹線を台湾で走らせたい!」という想いを強く持っているからこそ、日本にいる恋人や家族と離れ離れになることを覚悟し仕事に奔走していました。そして、自分たちの仕事に誇りを持っていた。だからどんなにうまくいかない事があっても仕事のために魂を注げたのでしょう。

私は、「仕事に誇りを持つこと」はすごく難しいと社会人2年目で感じました。簡単に「天職」と思っていることもあるけれど、「企業のため、人のために血と汗を流せるか?」と聞かれたらそれは出来ないなと考えるきっかけになりました。「企業のため」という考えは日本人特有の美学なのかもしれません。でも他のためは己のためと考えればそれが「企業のため」という考えに至るとも思いました。

ここまで、簡単に僕の感想や考えを書きましたがここからは物語について触れていきたいと思います。

その人への想い

「愛」

物語の中では春香には日本に彼氏の存在がありながらも、彼女には劉という男性に対しても思いを馳せていました。彼は春香が台湾旅行に訪れた際に街中で出会った淡水に住む青年でした。

そんな彼は阪神淡路大震災が起きた直後神戸に向かっていました理由は瓦礫まみれの神戸の街をボランティアメンバーとして春香のことを探しに来ていたからです。結局神戸で見つけることは出来なかったものの、春香は劉が神戸に来ていたかもしれないと考えていました。そのため春香も台湾大地震が起きた直後、劉のことを探しに現地へ向かっていたのです。お互い会えることはなかったけれど互いの無事を祈り自分の生活をしていました。

「罪」

勝一郎は、台湾の旧友だった中野赳夫のことを想い日本で暮らしていた。勝一郎も中野も元々台湾出身で2000年代の勝一郎日本で暮らし設計士を引退し老後を迎えていた。中野は台湾で開業医を成功させ裕福な暮らしをしていた。その彼らが若かった頃想いを寄せる女性がいた。

その女性とは勝一郎の妻である。若かった当時の2人は同じタイミングで彼女を好きになってしまったのだ。その時、勝一郎が中野に言い放ってしまった言葉は二人の間に傷を生んでしまった。

彼ら2人には「日台関係」があった。戦争が終わり時間が経過した中で勝一郎は妻を連れて日本に戻るが、およそ60年後の新幹線が開通しようとする台湾で勝一郎は中野と再会を果たす。

このエピソードを読んだときは涙を流してしまい、友情の素晴らしさを実感しました。是非この感動は手にとって読んでいる時に体験していただきたいです。

1つの事に一生懸命になると、もう1つのことはないがしろになってしまいがちな僕ですが、両方頑張ってみようと思いました。
スポンサーリンク

気に入った言葉

俺たち台湾人ってのは、辛かったことより、楽しかったことを覚えているものなんだ。つらかったことなんてすぐに忘れて、楽しかった時のことを口にしながら生きていく。それが俺たちだ。

本書454ページ

この言葉は、中野が勝一郎に言った言葉でした。

この考えを持てる人たちは、きっとたくさんの困難を経験した中で人の弱さを知っている人たちだと思います。現代の台湾の政治問題を見ると一層感じることができますす。自分達のことは自分で守り楽しい人生を送るために後悔のないように選択を誤らないようにしているのかもしれません。

この言葉からすごく重みを感じるし自分もそう考え生きられる人間になりたい。人にそう言えるようになりたいと考えました。

スポンサーリンク

感想

台湾にまつわる書籍を読みたいと思った中で出会ったのがこの本でしたが本当に出会えて良かった。仕事に一生懸命取り組むこと、仲間や家族、好きな人を想う事は当然でありながらその中に悩みや葛藤を抱えることになります。それらに対して全力で取り組んでいくと、必ず結果が現れることを教えてくれました。

そしてこの作品の大きな特徴はバラバラだった登場人物達が一つの場所、結末に集まっていくことです。点と点が繋がっていく瞬間、登場人物が一堂に会する瞬間はこの物語の醍醐味です。

一読ありがとうございました。購入はこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました